6,000円以上 カバー力 リキッドファンデーション 外資系

ランコム タンイドル ウルトラ ウェア リキッドの口コミ

30ml 6,000円 全14色 SPF23・PA++

こんにちはサトリです

今日紹介するファンデーションは、ランコムのタンイドル ウルトラ ウェア リキッドです。

「タンイドル ウルトラ ウェア リキッド」は、国内最大の口コミサイト@コスメの、昨年のベストコスメ・リキッドファンデ部門で昨年第1位になったリキッドファンデーションです。

 

どこが人気かというと、やっぱり高カバーというところのようです。

しかも、化粧崩れが少なく、さらに軽い付け心地であるという特徴があり、長期間総合1位になっているくらいの人気ぶりです。

こんな感じが、巷の評価になっています。

ランコムのファンデってなぜこんなに人気があるのでしょうか?

タンイドル ウルトラ ウェア リキッドの口コミを見ていると、「カバー力があるのかないのか」、「崩れやすいかそうでもないか」

そんなところがみなさん気になっているようですので、カバー力と崩れにくさを中心に口コミしていこうと思います!

 

タンイドル ウルトラ ウェア リキッドのカバー力は高い?

私がタンイドル ウルトラ ウェア リキッドを使ってみて感じたのは、「カバー力より、補正力がかなり高い」ということです。

補正力とは、”肌トーンアップして、自然なツヤや透明感を出す”、ということです。

補正力があれば、そこそこ肌はキレイに見えるでしょう。

ファンデーションは、私は、肌を覆い隠すような色付きのしっかりしたファンデーションと、素肌を生かし、トーンアップや光の加減でシミなどをぼかすナチュラル系のファンデーションの2種類に分けられると思っています。

タンイドル ウルトラ ウェア リキッドは、後者の方(素肌を生かし、トーンアップや光の加減でシミなどをぼかすナチュラル系のファンデーション)で、カバー力もそこそこある、といった感じのファンデーションです。

平均したら上かもですが、ダブルウェアとかフローレスフィットのようにしっかりしたものとも少し違います。

それで、前々から思っていましたが、たぶん、ランコムはこの辺がボーダーラインと思っているのじゃないかと思います。

まぁ、なんていうんでしょうか、”ヌケ感”みたいな?そんな感じを演出しているんじゃないかなぁ。

「たとえ厚塗りしても厚塗りにはさせないわよ」みたいな感じです。

伸ばしづらいところがあるので、スポンジを使いますが、シミが目立つ部分は指で乗せる方が良いでしょう。

 

タンイドル ウルトラ ウェア リキッドは崩れにくい?

タンイドル ウルトラ ウェア リキッドは、「崩れにくいでしょうか」、と聞かれると、

「どうかな?」と思ってしまいます。

フィット感はあるので、”崩れ”というのとは少し違いますが、

お昼を過ぎる頃に、鏡を見ると、シミが目立っていました。

タンイドル ウルトラ ウェア リキッドの色が全体的に明るいようです。

※タンイドル ウルトラ ウェア リキッドのカラーチャート

当たり前ですが、標準色なので、BO-02って、カラーチャートの中ではそれほど明るい色じゃないです。

 

ですが、ダブルウェアのボーンと比べてみると、ボーンよりも若干明るい?という感じがします。

ダブルウェアのボーンはけっこう明るめの色です。

(ダブルウェアのカラーチャート)

それで、ランコムのBO-02という標準色がとても明るい方だということがわかりました。

色が明るすぎることもシミが透けて見えてしまう原因かもしれません。

つけた直後はいい感じに仕上がった感がありますが、それほど”つけたて”の状態は続かない感じです。

ヨレるなどの崩れやすさを感じる方は、下地などに密着力の高いものを選ぶと良さそうですね。

 

タンイドル ウルトラ ウェア リキッドの特徴

  • 毛穴を隠す球状パウダーが肌の上で整列するように密着し、自然なカバー力がある
  • 肌に塗布した瞬間にネット上の化粧膜(ウルトラネットテクノロジー)を肌の上に形成、表情の動きにも対応し崩れにくい
  • 皮脂吸収パウダー配合のウルトラネットテクノロジーにより化粧崩れを防止
  • ウルトラネットテクノロジーにより通気性がよく厚塗り感のなさを実現

液はさらっとしていますが、指で伸ばすと少し引っかかりがある感じです。

容器はポンプ式です。

 

タンイドル ウルトラ ウェア リキッドを使ってみた感想

最近は、もう「そうなんだろうな」ってことがわかってきましたが(ナニが?)

タンイドル ウルトラ ウェア リキッドを使ってみて、ハッキリ「そうだ」とわかりました

というのは、もう「素肌っぽい」肌の時代じゃないんだね、ってことです。

一時期、これは買う意味があるのだろうか?と思うような素肌を生かしたようなファンデが人気でした。

ですが、そんな中でも、いつでも口コミで上位に君臨していたのが”エスティローダーのダブルウェア”です。

今、ファンデーションは全体的にダブルウェアに寄っています。

やっぱり、カバー力がありシミなどアラを見えなくしてくれる、そういうファンデが支持されるんですね。

 

実際に使ってみた感想としては、カバー力よりも、補正力がかなり多めなファンデーションです。

レフ板を使ったような(使ったことないけど)光を反射したようなフワッと明るい肌になれます。

(イメージ)

 

華やかな感じの肌になれるので、ちょっとした上質感を味わうことができます。

ワンランク上な感じと申しましょうか、単純にカバーされているだけじゃないニュアンスが気分を上げてくれます。

こういう肌の感じって、わかっていて、下地やファンデ、パウダーやハイライトなどを駆使して作っている女性っていると思います。

それが、タンイドル ウルトラ ウェア リキッド1個でできちゃうような感じです。

 

上でもすでに書きましたが、標準色を買ったらかなり明るい色でした。

それも狙ってのことだと思いますが、華やかさは出るが、明るさ故にカバー力は少し下がり気味です。

私にはちょうどいいくらいですが、シミが見えなくなっていたら、もっとテンション上がるかもです。

同じような、補正力が強いファンデとして、”薬用クリアエステヴェール”があります。

タンイドル ウルトラ ウェア リキッドは、特に乾燥するとかは感じませんが、クリアエステヴェールの方が潤い力は高いです。

そのため、クリアエステヴェールは、時間とともに肌にハリを感じられたりするので、そちらの方が良い感じかなと思います。

ですが、まぁ、なんとなく高級感のあるファンデを使っているという気分も手助けになり、満足感は高いのではないでしょうか。

仕上がりはセミマットな感じなんですが、写真で見ると少しツヤなんかを感じるところが、いろいろ考えられてる感じがします。

 

まとめ

  • カバー力より、補正力がかなり高く、華やかで上質な肌になれる
  • カバー力はそれほど高くない(シミは隠せない)
  • ヨレやムラになるなどの崩れはないものの、”つけたて”の良さはそれほど持続しない

ランコム タンイドル ウルトラ ウェア リキッド

ご参考まで

管理人(satori)の肌の状態

【肌の悩み】・・・乾燥肌。皮脂が出ていない。あの頃の皮脂はどこへ?
【肌の色】・・・ほんの少しブルベ寄りで、明るさはちょうど中間くらいの色。 パーソナルカラー診断では、夏タイプで、春でも大丈夫な肌色です。
【主なファンデの使用色】 ・・・◆MiMC ミネラルリキッドリーファンデーション ・・・102◆SHISEIDOニュートラル・シンクロスキン セルフリフレッシング ファンデーション ・・・220◆マキアージュ ドラマティックパウダリーUV ・・・オークル10◆エトヴォス マットスムース ミネラルファンデーション ・・・#35◆エスティ ローダー ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ ・・・17ボーン◆カバーマーク フローレス フィット ・・・FN20◆ランコム タンイドル ウルトラ ウェア リキッド ・・・BO-02

総合ランキングをチェック

ファンデのトライアルセットをチェック





-6,000円以上, カバー力, リキッドファンデーション, 外資系

© 2020 アラフォー ファンデーション【ブログ】 Powered by AFFINGER5