ファンデ比較

ランコムのリキッド比較してみました!

 

前回、タン クラリフィック リキッドを買ってみてレビューしました。

タン クラリフィック リキッドの他に、その前身であるタン ミラク リキッドと、人気のタン イドル ウルトラ ウエアを持っていますので、この3つをそれぞれ「軽く比較してみよう!」というのが今回の目的です♪

 

ランコムのリキッド【クラリフィック・タンミラク・タンイドルウルトラ】比較

タンミラククラリフィックタンイドルウルトラ
UVカットSPF15SPF25・PA+++SPF38・PA+++
質感ツヤツヤマット
カバー力
軽さ
メイクもち
テクノロジーユニバーサルライトテクノロジー/肌表面、肌内部から拡散する光を最大限に増幅透明感オーラテクノロジー/光の通り道を作り、肌の内側から透明感を与えるウルトラネットテクノロジー/高いカバー力を発揮しながら、肌に密着

けっこう違う、と思うのが、UVカット効果で、6,7年前は明らかにやる気が無かったということがうかがえます

ランコムは、かなりUVカット効果の高い下地があるので、そっちも合わせて売りたかったのかもしれないです。(なんか、そういうことをBAさんに言われた記憶があります)

また、タンミラクは、肌内部からの光を増幅させていたのに対して、クラリフィックは、肌の内側から透明感を与えるとなっていますね。

より生肌に近い仕上がりを重視しているのかなと思います。

クラリフィックとタンイドルは、ほとんどユーザーが違ってくるくらいの違いがありますよね。

クラリフィックは、肌にツヤが欲しい方、タンイドルは化粧崩れやカバー力が気になる方向けです。

 

タン クラリフィック リキッドとタンミラクの違い

タン クラリフィック リキッドと、タンミラクを顔の左右に塗り分けてみたんですが、似ているようで、全く違う2つでした。

タン ミラクは、本当に肌が透けるくらいのシア―な感じで、光沢が強いです。

ラメやパールのような強い光によって、アラをカバーするといった感じです。

それと比べると、タン クラリフィック リキッドは、セミマットな感じの抑え気味のツヤ肌です。

光が当たると、その部分が水っぽく光ります。

顔に水分がたくさん含まれていると、反射で光るツヤと似ていると思います。

なので、より、肌に近い自然な感じのツヤ肌を作ることができます。

タンミラクを買ったのが2014年なんですが、”標準色”に違いが出てきています。

クラリフィックの方がかなり明るい色になっています。

付けるとシワが目立たない??

タンミラクとクラリフィックを顔の半分ずつ付けたのですが、シワの感じが左右で全然違いました。

眉間の深いシワと、目の周りのシワの目立ち方が違う・・・

これはあくまで、付けた時の効果です。

「シワが改善した」というのとは違って、そう見える、ってやつですね。

タン ミラクを購入したのはかなり前なので、ファンデのスキンケア効果が上がっているんだなと感じました。

塗ってみた画像を比較してみました。

似たような感じもしますが、タンミラクの方が、素肌っぽさが強いです。

 

タン クラリフィック リキッドとタン イドル ウルトラ ウエアの違い

タン クラリフィック リキッドとタン イドル ウルトラ ウエアも、左右半分ずつ塗って比べました。

タン クラリフィック リキッドとタン イドル ウルトラ ウエアは、柔らかいマット感が少し似ています。

ただ、皆様もご存知のとおり、タン イドル ウルトラ ウエアはカバー力がウリのファンデーションです。

クラリフィックリキッドと塗り分けると、カバー力はさすがにタンイドルの方がしっかりしています。

タンイドラとクラリフィックの明るさはだいたい同じような感じになっています。

写真ではわかりにくいのですが、クラリフィックリキッドの方が白っぽさが多く、タンイドラの方が少し赤みがあるような感じです。

手に付けた時の色の違いは、仕上がり時の仕込みかな?と思いました。

白っぽさは補正力で、赤みの方は華やかに仕上がる、まさに、この2つの仕上がりはそんな感じです。

 

タンイドルとクラリフィックを縫ってみた比較です。

タンイドルも、そこまで、完全カバーというものじゃないので、割と似たり寄ったりな感じになりました。

でも、やっぱり実際に付けると、質感とかは全く違います。

私は、素肌っぽいのが好きなので、クラリフィックがかなり気に入りましたが、タンイドルを付けたら付けたで、カバー力があって、肌がキレイに見えるなーと思います。

タン クラリフィック リキッドとタン イドル ウルトラ ウエアの2個使いも

タン クラリフィック リキッドとタン イドル ウルトラ ウエアを部分的に使い分ける、という使い方も、アリかもしれません。

シミを隠したい部分はタン イドル ウルトラ ウエア、そのほかの部分には、タン クラリフィック リキッドを使うというような使い方です。

タン イドル ウルトラ ウエアは、皮脂吸収パウダー配合なので、崩れやすい部分に使うというのも良さそうです。

 

まとめ

  • 素肌をよりキレイな素肌に見せたい方は、タン クラリフィック リキッドがおすすめ
  • 今どきのハイカバーで、華やかさのあるファンデなら、タン イドル ウルトラ ウエアです
  • ランコムのファンデは6、7年前よりもあきらかにスキンケア効果が高くなっています
ランコム タン クラリフィック リキッド
created by Rinker
ランコム タンイドルウルトラウェアリキッド
created by Rinker

ご参考まで

管理人(satori)の肌の状態

【肌の悩み】・・・乾燥肌。皮脂が出ていない。あの頃の皮脂はどこへ?
【肌の色】・・・ほんの少しブルベ寄りで、明るさはちょうど中間くらいの色。 パーソナルカラー診断では、夏タイプで、春でも大丈夫な肌色です。
【主なファンデの使用色】 ・・・◆MiMC ミネラルリキッドリーファンデーション ・・・102◆SHISEIDOニュートラル・シンクロスキン セルフリフレッシング ファンデーション ・・・220◆マキアージュ ドラマティックパウダリーUV ・・・オークル10◆エトヴォス マットスムース ミネラルファンデーション ・・・#35◆エスティ ローダー ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ ・・・17ボーン◆カバーマーク フローレス フィット ・・・FN20◆ランコム タンイドル ウルトラ ウェア リキッド ・・・BO-02

総合ランキングをチェック

ファンデのトライアルセットをチェック





-ファンデ比較

© 2021 アラフォー ファンデーション【ブログ】 Powered by AFFINGER5