4,000円~5,000円未満 カバー力 パウダーファンデーション 日本メーカー

コフレドールグラン カバーフィット パクトUV IIの口コミ

こんにちは、コスメコンシェルジュのサトリです

今回は、コフレドールの「グラン カバーフィット パクトUV Ⅱ」をご紹介します。

 

突然ですが・・・

カウンセリングベースメイク市場では、50~60代が、なんと45%を超えているらしいです。

確かに、私たち以上の世代は、「化粧品はデパートで買うのが当たり前」というような感じでした。

ですから、この数字を見ても、それほど高いとは感じないかも。

コフレドールグランは、50代以上に向けて作られています。

重ねても厚塗りにならず、くすみや白浮きなどを抑えるような機能的なファンデーションになっているそうです。

 

ちなみに、この商品のキャッチコピーは、

ひと塗りで、シミ・くすみをカバー。
ツルンとなめらかな肌に仕上げる、高機能カバーファンデーション

だそうです。

 

 

総合ファンデーションランキングはこちら

どんな人が使うと良いのか?

  • 50代以上の女性で、シミやくすみ、色ムラ等が気になる。
  • ベースメイクが白浮きして不自然に見える。
  • ベースメイクが粉っぽい仕上がりになってしまう。

 

使い方

  1. 基礎化粧、下地などで肌を整える。
  2. スポンジ半分くらいにとり、顔の中心から外側に向かって伸ばす。
  3. とくにカバーしたい部分にはさらにスポンジに少量を取って重ねる。
  4. シワのある目元や口元は肌を引き上げながら塗る。
  5. フェイスラインは、ファンデの付いていない面で丁寧にぼかす。
  6. 仕上げにフェイスパウダーを使って仕上げてもよい。

商品詳細

  • 10.5g SPF24・PA+++ レフィル3,000円 ケース1,000円 全4色
  • 水溶性コラーゲン・ローヤルゼリーエキス配合
  • パウダーの大きさや形が均一でツルンとしているので肌に密着
  • 肌なじみの良いオレンジの光の一部を肌に取り込み粉浮きや白浮きを抑える
  • 色見本は、下の画像のとおりです。

コフレドールグラン カバーフィット パクトUV IIの色見本

重ねても厚塗りにならないような高機能カバー粉体が配合されていて・・・

カバー力がありながら、自然な仕上がりになります。

 

ファーストインプレッション

 

下地のサンプルとセットになっているコフレドールグラン カバーフィット パクトUV IIのパッケージ

下地のサンプルとセットのものを買いました。色は【オークルC】です。

 

コフレドールグラン カバーフィット パクトUV IIの箱

ファンデーションのレフィルには、スポンジが付いています。

 

コフレドールグラン カバーフィット パクトUV IIの透明ケース

透明のケースに入っているので、これだけで持ち運びもOKです。

 

コフレドールグラン カバーフィット パクトUV IIのゴールドにバラのモチーフが描かれたゴージャスなケース

ケースはゴールドにバラのモチーフが描かれた、ちょっぴりゴージャスなデザイン。

 

コフレドールグラン カバーフィット パクトUV IIのケースの裏側

裏側は透明になっています

 

コフレドールグラン カバーフィット パクトUV IIの見た目の色

見た目は、一般的な標準色より若干赤みを感じる色です。

 

手の甲に塗った感じが分かる動画を撮ってみました。

 

使ってみた感想

コフレドールは、テスティモと入れ替わるように登場したブランドです。

 

テスティモは、今のコフレドールのような商品の展開で、同じようなブランドだったと思います。

1991年に登場してから無くなるまで、ずっと何かしらテスティモの商品を使っていました。

私たちの世代的には、コフレドールより、テスティモの方が馴染みが深いです。

なので、テスティモを50代向けにしてくれたらよかったなーと思います。

なんて、コフレドールグランも、最近は見慣れてきたかもしれないです。

相変わらず、イメージモデルは戸田恵子さんです。

一体何歳なのかと思って調べたら、59歳なんですって(2017年現在)。

女優さんとは言え、さすがにお若いですね。

 

このファンデは、50代以上向けなのに、40代にも人気があるようです。

たぶん、「自分がいつも使っているものが、今ひとつな感じなんだけど」と感じている40代の方が多いのでしょう。

そんな方の中には、「もう少し大人の人が使うようなファンデーションって、どうなんだろう?」と思って使ってみる人も多そうです。

まぁ、私がその一人なんですけどね。

 

商品説明については、サイトを見ても、それほど詳しく載っていない印象があります。

このくらいの世代の方、ごちゃごちゃ書いても、あまり見ないということなのかもしれません。

私の母は、もう70をすぎていますけど、割とそんな感じです。

CMや化粧品のカウンターでいいと言われて、そのまま、それを使ってみるという感じなんですよね。

でも、それは年齢のせいじゃなくって、世代的に、昔からそんな感じのような気がします。

私の世代くらいになると、もう「いろんな情報が取れる」ってことが分かっていますから、必死に自分に合うものを調べているんですけどね。

 

このサイトでは、リニューアル前のものも紹介しています

でも、それほど高い評価はしていませんでした。

なんとなく、中途半端なイメージがあって、受け入れられなかった感じがありました。

でも、年齢を重ねるごとに、これも悪くない感じがしてきました

 

まず、言いたいのが、ケースが可愛くなりました!

コフレドールグラン カバーフィット パクトUV IIの可愛くなったケース

このデザインでリップが出たときに、あまりに可愛いのでひとつ買ってみたくらいです。

以前のものよりは、ずっといい感じです。

 

内容について言えば、「どのくらい変わったのか」が、よくわからないんですよね。

とは言っても、一つだけ、全体を見てわかっていることがあります。

それは、「カネボウのパウダーファンデーションは、ものすごくナチュラルだ」ということです。

 

同じくカネボウのルナソルを初めて使ったときに、「このナチュラルな使用感は、何なんだ?」と感動したことがあります。

でも、この商品のナチュラル感も、「カバー力が足りない」と感じる方もいるようです。

その辺りは、やっぱり好みがある部分かなと思っています。

 

以前のものの口コミを改めて見ますと、「とにかく薄づき」と書いてありました。

比較すると、それよりは「カバー力を上げた」のが、この商品だと感じます。

 

個人的には、最近は、エスプリークやマキアージュなどの若い人向けのパウダーファンデを使っていました。

パウダーファンデの場合ブラシで付けることが多いんですが、エスプリークもマキアージュもどちらも、結構マットな感じがあります。

そして、何度か重ねづけしていくと、カバー力上がる感じがします。

ですが、このグランのカバーフィットパクトUVは、さっと付けたら、それで満足しましたから、結構カバー力を感じたみたいですね。

この理由としては、「ファンデーションが柔らかく取れる設計になっている」からのようです。

一回で、ある程度のカバー力を感じないと、塗り重ねてしまう傾向があり、気づくと、のっぺりと厚塗りになってしまっていることがあります。

それを回避するための処方といった感じです。

 

この「一回分の量の少なさ」というのは、今まであまり感じたことがないものです。

コスパも、きっと良くなるんじゃないでしょうか。

それでいて、もともとカネボウのファンデーションが持つナチュラルな感じは損なわれていません。

結局、なかなかの仕上がりになっているように思います。

 

ビフォーアフターは、こんな感じになりました。

before

after

コフレドールグラン カバーフィット パクトUV IIのビフォーアフター

これで、1回サッとブラシで塗った程度の仕上がりです。

しっかりしたカバー力もありながら、自然な感じもあると思います。

 

これをチェックした人はこんな商品もチェックしています

コフレドール グラン カバーフィット パクトUV

コフレドール ヌーディカバー ロングキープパクトUVの口コミ

コフレドール ヌーディカバー モイスチャーリクイドUVの口コミ

 

ランキングに参加しています!

ご参考まで

管理人(satori)の肌の状態

【肌の悩み】・・・乾燥肌。皮脂が出ていない。あの頃の皮脂はどこへ?
【肌の色】・・・ほんの少しブルベ寄りで、明るさはちょうど中間くらいの色。 パーソナルカラー診断では、夏タイプで、春でも大丈夫な肌色です。
【主なファンデの使用色】 ・・・◆MiMC ミネラルリキッドリーファンデーション ・・・102◆SHISEIDOニュートラル・シンクロスキン セルフリフレッシング ファンデーション ・・・220◆マキアージュ ドラマティックパウダリーUV ・・・オークル10◆エトヴォス マットスムース ミネラルファンデーション ・・・#35◆エスティ ローダー ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ ・・・17ボーン◆カバーマーク フローレス フィット ・・・FN20◆ランコム タンイドル ウルトラ ウェア リキッド ・・・BO-02

ファンデーション診断





-4,000円~5,000円未満, カバー力, パウダーファンデーション, 日本メーカー

© 2022 アラフォー ファンデーション ブログ Powered by AFFINGER5