アラフォー ファンデーション【ブログ】

コスメコンシェルジュが100種類以上のファンデーションを実際に使ってみて使い心地や感想を紹介しています【画像・動画あり】

1,000円~2,000円未満 プチプラ リキッドファンデーション 日本メーカー

ケイト パウダリースキンメイカーの口コミ

投稿日:2018/06/18

こんにちは、コスメコンシェルジュのサトリです

今回は、「ケイト パウダリースキンメイカー」をご紹介します。

 

この商品は、リキッド形状なんですけど、付けるとパウダーに変化するファンデーションです。

けっこう新し目な感じの触れ込みですけど・・・

ケイトには以前にも、リキッドがパウダーに変わる「パウダレスリキッド」というのを発売していました。

 

パウダレスリキッドは、個人的にかなり好きでした。(^-^)

なので、今回リニューアルされた感じのあるこの「パウダリースキンメイカー」は、買う前から、かなり期待大でした。

 

ケイトの商品は、色物とかを、ときどき買います。

ブランドの特徴として、使ってみると「はぁ~なるほど、今の旬ってこんな感じなのね」って分かるんですよね。

 

普通に、眉毛を描いただけでもわかっちゃうんだから、スゴイですよね。

「化粧にも流行がある」ってことを、ちゃんと分からせてくれる気合を感じるブランド、という感じがします。

 

パウダリースキンメイカーのキャッチコピーは

滑らかで密着感のあるリキッドが肌の上でパウダーに変化し、厚塗り感のないサラサラな肌に仕上げる

となっています。

 

商品の特徴

  • リキッドファンデなのに肌の上でパウダーに変化。
  • サラサラな仕上がりで仕上げパウダー要らず。
  • ふわっとしたナチュラル肌。

 

どんな人が使うと良いのか?

  • 毛穴・凹凸を均一にカバーしたい方。
  • 厚塗り感のない仕上がりにしたい方。
  • 赤味などの色村をカバーして、肌色をトーンアップさせたい方。

 

使い方

  1. 化粧下地で肌を整える。
  2. 容器を上下に良く振る。
  3. 適量(ポンプ1押し程度)を手の甲に出す。
  4. 指に取り、顔の中心から外側へ頬に沿うように塗り広げ、顔全体にむらなく伸ばす。

 

商品詳細

30ml 1,600円 SPF15・PA++(00番のみSPF10) 全6色。

色見本は、下の画像のとおりです。

今回買ったのは、【02】です。

メーカーサイトには、

  • 肌に塗ると余分なオイルが揮発して、粉が均一に残る。
  • パウダーファンデのようなサラサラな感触と仕上がり。

と説明されています。

 

ファーストインプレッション

 

手の甲に塗った感じが分かる動画を撮ってみました。

 

使ってみた感想

個人的には、以前あった「パウダレスリキッド」が大好きでした。

パウダーが要らないですし、簡単っていうのもあるんですが、それ以上に「質感が好き」だったんです。

ですが、最近になりこれを使ってみたら、「そうでもないなぁ」と感じました・・・。

 

「やっぱり流行りってのがあるのかな」とか思いつつ、そのまま引き出しの奥へ。(^o^;

そんなことがあった後、ケイトの「ザベースゼロ」シリーズから、この「ケイト パウダリースキンメイカー」が出たんです。

そのときに、「あ、やっぱりね」って思いました。

 

ホントに使いやすかったので、「同じようなタイプの商品がまた出るだろう」という予感があったわけです。

そして今回使ってみたら、似たような感じではあるんですが、以前とははやり少し違っていました。

 

変わった点については、まず一つ目に、色が全体的に変わっています。

シークレットスキンメイカーゼロの時から、色がワントーン明るくなりました。

それを知らずにワントーン明るめを買うと、「かなり白かった」という失敗をしてしまうかもしれません。

 

ゼロを初めて買うという方は、あごのあたりに少しでもいいから塗ってみて、確かめたほうがいいでしょう。

前回01を買いましたが、今回はいつも通りの02番を買いました。

それでも仕上がりの方は、かなり明るめでした。

 

そして、変わった点の2つめは、質感です。

付けると、なんとなく肌が柔らかくなります。

こういう感触って、どのファンデにもあるものではありません。

ですから、すぐに気づくと思います。

 

「液状なのにパウダーに変わる」っていう感触も、そんなに劇的ではないので、使い心地に違和感はないでしょう。

「それって、どんな感じ?」って思う方も、いるんじゃないでしょうか。

余分な油分が揮発するんだとしても、バサバサ感があるとか、そんな使用感になっちゃダメですよね。

 

実際は「気づいたら、なんとなくさらっとしてるかなぁ~」って感じなんですが、そんなあいまいな印象も、逆に良いと思いました。

当然、仕上げ用のパウダーも必要ありません。

 

「これって、すごくいいんじゃないのー?」と以前の「パウダレスリキッド」のときも思いましたが、評価はそれ以上です。

ヌーディカバーといい、パウダリースキンメイカーといい、カネボウのファンデが「かなり本気出してきた」って感じがしてます。

 

個人的には、もともとカネボウのファンデの質は、かなり良いと思っていました。

自分の好みに近いということを感じていたわけです。

ですが、ただ自分の好みだけからでなくても、このファンデはすべての40代女性に向けて、オススメできるファンデだと思います。

 

もちろん、細かいことを言えば、もっとこうだったらいいというところもあります。

でも、値段や買いやすさなどを考えれば、買って使ってもそんなに失敗感はないだろうと思っています。

 

ビフォーアフターは、こんな感じになりました。

before

after

カバー力はそれほどありませんね。

とはいえ、パウダリーな仕上がりで、きちんとお化粧してる感はバッチリ出ています。

 

保湿力 ナチュラル感 崩れにくさ
★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★★☆

 

ケイト パウダリースキンメイカー

 

 

100種類以上のファンデを実際に試してNo.1を決めてます
★ファンデーションランキングは、コチラ

 

-1,000円~2,000円未満, プチプラ, リキッドファンデーション, 日本メーカー

Copyright© アラフォー ファンデーション【ブログ】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.