アラフォーに人気の高いファンデーションを実際に使ってみて使い心地や感想を紹介しています。(画像あり)

セザンヌ UVファンデーション EXプラス

11g 500円 SPF23・PA++ 全6色(EX3)

今回、ここに口コミするにあたり、セザンヌのことを調べて初めて知ったのですが、セザンヌは井田両国堂だったのですねー。

井田両国堂といえば、さまざまなコスメを作っている会社で、そうとは知らなくても、ほとんどの方は一度はお世話になっていると思います。

ボディケアのプロフェールも私の愛用しているプロテイクというヘアケアも井田ラボラトリーズ。

高品質ながら、価格がとてもお安いのが特徴♪

できれば、何度もお世話になりたい会社です。

キャンメイクも井田なんだってさ。

セザンヌは、私が小学生の時もあった化粧品ですね。

その時もプチプラだったんでしょうね。

まー、創業が大正だというので、私が小学生の時は余裕で存在していたんですが。

私自身はセザンヌの化粧品を買った記憶がなく、もしかしたら・・・と思い、記憶の糸を手繰りながら全商品を眺めてみましたが、やっぱりこのファンデーションが初めてでした。

このファンデは、恐ろしく安い値段設定。なんとケースつきで500円!

鏡もパフも付いているので驚愕のお値段です。

中身だけだと380円。

「今日ファンデーション塗るの忘れた!」という方は(そんな人いない)とりあえずDSに駆け込み、買っても全然痛くないお値段。

DSCN2424

 

さて、どんなファンデなのかなーとワクワクしながら使ってみました。

うん。

普通のファンデーション。

これが、現代のファンデーションだと思われるとちょっと辛いものがありますが、ファンデーションとしての機能は十分果たしています。

下地やスキンケアなどを駆使すれば、それなりの肌は作れるかも。

機能的にはSPF23・PA++ 。UVカットはちょっと物足りない感じ。

パウダーファンデというだけでこのくらいのUVカット効果はあるんじゃないのかな。

紫外線吸収剤、香料、タール系色素、鉱物油、界面活性剤、アルコール全てフリー。

水有りでも水なしでも使えます。

スーパーヒアルロン酸配合で保湿効果もあります。

・・・これらの機能は表示上のこと。

実際使ってみると、40代には厳しそう。

ただ、私なりに使い方を模索してみました。

まず、しっとり感やツヤなどが足りないので、それはCCクリームで補います。

→CCクリーム

その上からこのセザンヌのパウダーファンデをブラシ付けします。

→ファンデーションブラシ

スポンジを使うとこってりと盛られてしまい、厚塗り感が出てしまいます。

ブラシを使って塗るのも、目の下やシミの気になる部分のみ。

あとは、ブラシに残っているパウダーをなじませるくらいです。

ディオールのBAさんが言っていたんですが、最近はファンデーションを顔全体に塗るということはしないんだって。

フェイスラインなどにも同じ量を付けると、全体的にモッタリとしてしまうから。

私も、テレビでメイクアップアーチストがメイクしているところを見たことがあるんですが、こめかみの上の方などはほとんどファンデーションが付いていなかったです。

全体に同じ量を付けると、のっぺりとしてしまう。それが厚塗りっぽく見えるんですね。

セザンヌのパウダーファンデーションは、さらにのっぺりと見えてしまうタイプなので、なるべく少しずつ足していく感じで付けたいです。

ブラシで付けると、肌により密着しムラになりにくいのでナチュラルに見えます。

before

after

DSCN4834

ただ、表面的なものだけなので、時間が経つと肌のお疲れ感などがそのまま出てしまいます。

下地にかなり美容成分の高いものを使うなど工夫が必要です。

基礎化粧品にこだわり下地を選ぶとか手間をかけるくらいなら→こちらの方が断然手間いらずで満足のいく肌になれます。

→セザンヌ UVファンデーション EXプラス

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿