5,000円~6,000円未満 トライアルセット有り ナチュラル リキッドファンデーション 日本メーカー

江原道 アクアファンデーションの口コミ

30ml 5,060円(トライアルセットあり) 全13色 SPF25 PA++

 

江原道のファンデーションは、クリームタイプのものとパウダータイプのもの、それから、こちらの”アクアファンデーション”というリキッドタイプのファンデーションがあります。

 

今回ご紹介する”アクアファンデーション”は、一時、ハリウッド女優が使っているとか言われて絶賛されてました。

もともと、”モイスチャーファンデーション”が、女優の肌のことを考えて作られたと言われています。

江原道のファンデーションは、多くの映画やドラマとタイアップしています。

そんな、「女優が使っている」ことにこだわる江原道のファンデーションをご紹介したいと思います

口コミを見ていると、アクアファンデーションのカバー力が気になるところのようです。

実際はどんな感じなのでしょうか?

 

アクアファンデーションは、透明感のある仕上がり

ファンデーションは、私は、肌を覆い隠すような色付きのしっかりしたファンデーションと、素肌を生かし、トーンアップや光の加減でシミなどをぼかすナチュラル系のファンデーションの2種類に分けられると思っています。

江原道のアクアファンデーションは、後者の、素肌を生かし、透明感をアップしてシミ等は光の加減でカバーというようなファンデーションです。

なので、色付きがしっかりしていて、覆い隠すようなカバー力を求めている人には合いません。

実は、私も最初は、「江原道のファンデって厚塗りっぽくなりそう」というイメージを持っていました。

というのも、女優が撮影で使っていると聞いたからです。

撮影に使うと聞いて、舞台メイクのドーランのような感じを思い浮かべていました。

一番最初は、クリームタイプの”モイスチャーファンデーション”を使ってみたんですが、想像に反してナチュラルな仕上がりだったので驚きました。

というわけで、江原道のファンデーションは、どちらかというと「ナチュラル系」のファンデーションになります。

もちろん、塗り重ねること(パウダーファンデーションなど)で、がっつり塗ることも可能であるかもしれませんが、イメージとしてはそんな感じです。

江原道のファンデは、スキンケア効果もありますので、肌そのものを引き上げるチカラも兼ね備えています。

使っていくうちに、最初に感じた仕上がりよりもアップしていくと思っています。

 

アクアファンデーションの色は明るめ

下は、モイスチャーファンデーションとアクアファンデーションの色を比べた画像です。

左の2色はクリームタイプの”モイスチャーファンデーション”です。

また、カラーチャートはこのようになっています。

主要な色のチャートは・・・

113番はオークル系の標準色、013番はピンクオークル系の標準色です。

肌に付けてみた感じでは、同じ013番を比べると、アクアファンデーションが少し明るめな感じがしますよね。

モイスチャーファンデーションの方は、暗いというより落ち着いた印象があります。

アクアファンデーションの方は、補正力が高く、フワッと明るい肌に見せてくれる感じです。

 

アクアファンデーションの付け心地

アクアファンデーションは、とても軽い感じです。

モイスチャーファンデーションは、しっとりとした感じが強いですが、アクアファンデは、フェイスパウダーは無くても大丈夫・・・という感じです。

ちょっとペタペタするところに、薄く粉を使いました。

塗るときに、少し引っかかる感じで、うまく伸ばせなかったので、スポンジを使いました。

ブラシを使うと、毛穴に効果があります。

また、いろいろ使って一番適していたのが、クッションファンデのパフでした。

緩めの液なので、クッションファンデのパフだと、無駄なくファンデを付けられる感じでした。

ポンポン付ける付け方も、このファンデに合っていると思います。

 

アクアファンデーションを使ってみた感想

今発売されているアクアファンデーションは、最近リニューアルされました。

私が使ってみたのは旧タイプのもので、さらに、通常は瓶に入っていますが、コンパクトに入っているタイプのものです。

コンパクトは、前方のレバーを押すと、ワンプッシュずつ出てくるしくみになっていて、持ち運びもできます。

先ほど紹介させていただいた、クッションファンデのパフを入れて、お化粧直しに使うというのが、すごくいい使い方のような気がします。

使用前使用後の写真です。

冒頭でも書きましたとおり、カバー力は、光の加減でぼかすような感じですので、シミ等はそれほどうまく隠れてはくれません。

どうしても消したい方は、コンシーラーを使うか、カバー力を上げたいなら、グロスフィルムファンデーション(パウダーファンデ)を重ねるという手もありそうです。

個人的には、トーンアップ、透明感強め、の方が好みなので、許容範囲です。

完全にノンケミではないですが、お肌を労わりたい、という方にも、江原道のファンデーションは向いています。

江原道 アクアファンデーション お試しセット908円はこちら

そういえば、アクアファンデーションは、保湿力が足りないという口コミもあるようです。

私は乾燥肌で、スキンケアでかなり保湿しているので、それほど乾きは気になりませんでした。

ですが、ファンデに強めの保湿力を求めるなら、クリームタイプのモイスチャーファンデーションの方がおすすめです。

こちらは、冬でも乾燥しないくらい、しっとり感が高いです。

江原道 モイスチャーファンデーション 詳しくはこちらです。

ご参考まで

管理人(satori)の肌の状態

【肌の悩み】・・・乾燥肌。皮脂が出ていない。あの頃の皮脂はどこへ?
【肌の色】・・・ほんの少しブルベ寄りで、明るさはちょうど中間くらいの色。 パーソナルカラー診断では、夏タイプで、春でも大丈夫な肌色です。
【主なファンデの使用色】 ・・・◆MiMC ミネラルリキッドリーファンデーション ・・・102◆SHISEIDOニュートラル・シンクロスキン セルフリフレッシング ファンデーション ・・・220◆マキアージュ ドラマティックパウダリーUV ・・・オークル10◆エトヴォス マットスムース ミネラルファンデーション ・・・#35◆エスティ ローダー ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ ・・・17ボーン◆カバーマーク フローレス フィット ・・・FN20◆ランコム タンイドル ウルトラ ウェア リキッド ・・・BO-02

総合ランキングをチェック

ファンデのトライアルセットをチェック





-5,000円~6,000円未満, トライアルセット有り, ナチュラル, リキッドファンデーション, 日本メーカー

© 2020 アラフォー ファンデーション【ブログ】 Powered by AFFINGER5