アラフォーに人気の高いファンデーションを実際に使ってみて使い心地や感想を紹介しています。(画像あり)

カバーマーク フローレス フィット

約10g程度(表記ナシ)7,000円 SPF35・PA+++ 全8色(FN20)

cm_iro01

カバーマークのルーツはリディア・オリリーという顔にあざのある方が開発した化粧品ですが、現在のカバーマークは日本企業のようです。

カバーマークのファンデーションは、カモフラージュメイクに傾いていると思っていました。

「シミを隠すファンデーション」というイメージがあり、かなり年齢を召した方が使うものだと思い込んでいたんです。

まぁ、かなり年齢を召してきてますしw、40代の女性に人気の、なんと第5位!ということで、今回購入して試してみることにしました。

パッケージがかわいいです(限定)。

フローレスフィットは結構カバー力が高めで保湿力が高いようで、カウンターでは、もっとナチュラルなものもありますと言われました。

フローレスフィットは、コンパクトに入っていますが、クリームというかエマルジョンタイプのファンデーション。

DSCN5157

指に触れると、フッととろけるなんとも気持ちいいテクスチャーです。

BAさんにはかなり念を押されましたが、スポンジに取るときはごく少量ずつ取ってくださいとのことでした。

普通のファンデーションと同じような気持ちで取ると、顔に乗せたときにすごいことになりそうです。

DSCN5120

すっぴんはこちら

カバー力は高めというか、想像通り、いわゆる「隠す」ファンデーションです。

確かにこういうファンデーションって少ないんですよね。

ランコムにしてもディオールにしても、かなり薄付きで、シミなんかは隠す気は毛頭ないという感じです。

光を反射してカバーする、塗って隠すものとは違う仕上がりです。

その対局にあるのがこのフローレスフィット。

やっぱり、どうしても隠したいものがある方はこういうものが欲しいと思います。

塗ると、ほとんどコンシーラーという感じです。

コンシーラーの柔らかめのを塗っている感じ。

付けている間もけっこう重めだし、自分が使うというよりは母に勧めたい感じです。

塗る量をもっともっと少なく、目の下とかシミとか口の周りとか要所要所に置いて広げるくらいでもいいのかもしれないです。

テレビ出演がある予定の方とかは良さそうですけどね(^-^)

コンシーラーのように、気になるところだけ部分付けしている方もいるようです。

コンシーラーよりもナチュラルに仕上がり、いいかもしれません。

→カバーマーク フローレス フィット

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿