40代のベースメイク

40代の肌づくりのポイント

私の化粧歴は、20代は化粧にハマり、ムダに化粧品を買いまくり、たくさんのHOWTO本を読んでメイクの研究をしました。30代になり突然ベースメイクをやめ、素肌美を追求。40代になり、ベースメイクの重要性を実感し、現在に至ります。

40代になると、今までお化粧をしていなかった人でも、少しやってみようかな・・・という気持ちになります。

ですが、若くただでさえキレイな肌にメイクするのと、様々な悩みを解消しようとするメイクでは、いろいろと違ってきます。

メイクをきちんとしてきた方でも、悩みが多くなる時期です。

40代のベースメイクのポイントはどんなことがあるか、自分なりに考えてみました。

  • シワやシミといった、細かい部分の悩みが発生してくる。
  • 肌が全体的にくすんでトーンダウンする。(肌の色が変化)
  • たるみにより、顔全体の印象が変わってくる。
  • 肌質が変わる(乾燥が進む)

個々で悩みは変わると思いますが、だいたい大きく言うとこのような悩みなのではないでしょうか。

これらのことは、ベースメイクのみで解決するわけではありません。

ですが、気になり始めると、こういった悩みにとらわれすぎたお化粧をしたくなりがちです。

管理人はファンデーションを次々に試してみたり、40代の肌づくりはどうすべきかをいろいろと研究してきました。

そんな中、私なりにファンデーション選びと、ベースメイクの方法はこうあるべきじゃないかということを少しお伝えしたいと思います。

1.清潔感が第一

不潔にしないという意味ではなく、年齢を重ねると様々な部分がくすんできますので、それをいかに拭うかということです。

ファンデーションも、隠したいがために厚く塗りこむと老けて見えますよね。

これも、厚く塗られたファンデーションには清潔感は感じられないということです。

黄ぐすみを払うためにブルーを仕込むとか、肌のくすみを取るために下地を使うとか、そういうことも清潔感につながります。

また、40代くらいになると、肌に「ツヤ」というようなキーワードもよく出てきますが、ツヤについても、この清潔感につながるんではないでしょうか。

マットに作りこんだ肌も肌ももちろんキレイですが、ツヤは健康的なイメージがあるんだと思います。

本当の清潔感としては、ファンデーションのスポンジなどを毎日洗うというようなこともあります。外からはわからないようでいて、こんな気遣いも全部肌に出てくると思います。

2.ピンポイントを見てお化粧をしない

管理人もそうですが、若い頃から手鏡やコンパクトについている鏡を見て化粧をするクセがついていて、シミを隠すときはシミだけ、アイメイクをするときは目だけを見て化粧をしてしまいがちです。

40代でこれをやってしまうと、取ってつけたような仕上がりになってしまいます。

若い人はそれでもなんだか可愛げがあっていいかもですが、大人がやると少しイタイ感じがします。

自分じゃない人から見る距離で見てメイクを仕上げていく方がいいです。

そうすると、自分が気になるシミじゃなくて、もっと違うトコロをキレイに見せたほうがいいかなとか、そういう気づきがあります。

左右非対称の部分も見えてくるので、ファンデの塗り方も均一ではなくなってくるでしょう。

 

3.ルーチンワークでお化粧をしない

決まりきったようにお化粧をすると、やっつけ感が出てしまいます。

よく、「自分の肌をよく見ることが大事」と言いますが、見ても昨日と今日の肌がどう違うかはよくわかりません。

ですが、やっぱりなんとなく、肌にハリがあるとか、くすんでるとか、むくんでるとか、顔色が悪いとか、カサカサがひどいと思うことはあります。

その時々で、基礎化粧品を変えたり、美容液を使ったり、食べ物や飲み物に気をつけたりというようなこともしていますよね。

メイクも、顔色が悪かったらチークを少し濃くしてみたりするかもしれません。

ベースメイクにしても、今日はハリがあるからパウダーファンデーションで仕上げてみようとか、カサカサしているからクリームタイプを使って保護しようとか、そんなこともあってもいいのかなと思います。

 

これらは、管理人自身が気をつけていることです。

40代の肌はまだまだ若くキレイな肌なので、少し気にかけてあげるだけで、肌は全く違ってきます。

やればやるほど変わってくるので、ベースメイクも楽しくなると思います。

このサイトで、ぜひお肌にぴったり合った、気に入ったファンデーションを見つけてくださいね。