アラフォーに人気の高いファンデーションを実際に使ってみて使い心地や感想を紹介しています。(画像あり)

マキアージュ ドラマティックパウダリーUV

マキアージュ ドラマティックパウダリーUV 9.2g SPF25・PA++ 全7色 レフィル 3,000円/コンパクトケース DM 1,000円 【オークル10】

 

考えてみれば、資生堂のファンデーションって初めて買ったかもしれない。

もし万が一買ったことがあったとしても、20年以上前であることは間違いないです。

昔からカネボウが好きだったので、同じようなものならカネボウで買っていた。

なんとなくぼんやりと日本人女性は資生堂派かカネボウ派か?なんて二極に分かれるんじゃないかなって思ったりもしてるんですが、どうなんでしょう。

エフティ資生堂かクラシエか・・・なんてさ。

 

このファンデーションのことをいろいろ調べていたら、やっぱり資生堂はハンパないなって思いました。

パウダーファンデーションの中には、美容液成分というよりは、資生堂の企業努力がふんだんに含まれてますって感じでしたよ。

なんだか、涙が出てくるくらいです。

 

「ムース生まれのパウダリー」

マキアージュのドラマティックパウダリーUVのキャッチコピーです。

 

ドラマティックパウダリーUVのページを開くと、

「ムース生まれのパウダリーだから軽く伸びる!」

「ムース生まれのパウダリーだから肌に溶け込み毛穴などをカバー!」

「ムース生まれのパウダリーだから自然な仕上がり!」

なんて、意味不明なことを言っているんですけど、

女性の「感性」でモノを選ぶという部分に訴えているんだろうなぁーと。

ムースってなんとなくふんわりしていて、それを肌に乗せるのって結構気分がいいって感じがします。

DSCN9078

ところで、「ムース生まれのパウダリー」ってなんだろう?って思ったんですけど、

こんな感じでした。

me_image01

パウダーとパウダーが空気を含んだ状態で、ふんわりとくっついている状態。

こんなふわっとしたパウダーなので、なめらかでムラなく均一に付くんだって。

これをさらに美容液水でコーティングしてあるので、粉っぽくならない。

しかも、パウダーは内部が空洞になっていて、光が当たると光拡散効果で、肌に明るさをもたらすらしいです。

パウダーには、皮脂センサーが付いていて、皮脂を吸着したり自動的にブロックしたり?するので、皮脂崩れもない。

よくわかんないけど、そんな感じ。

 

女性のファンデーションの理想としては、カバー力とか艶とか崩れにくいとかそういうのがあると思うんですが、それを改善してもすごく伝わりにくいと思うんですが、「ムース」という言葉一言で伝えきっているところがスゴイ。

ムースと聞いて、無いわ~と思う女性って限りなく少ないと思う。

すごいぞ。

 

さて、肝心の使用感なんですが、はっきり言って悪くないです。

これが40代の肌に向いているかどうか?と聞かれると、どうかなーと思ってしまうところもありますが、ファンデーションそのものとしては、さすがに完成度が高いです。

 

クチコミを見ていたら、「薄づきだ!」という人と「厚塗りになる!」という人がいて、どういうことなのかなぁと思ったのですが、自分で使ってみてわかりました。

薄づきなので、鏡を見ながら気になる部分に重ね塗りしていたら、厚塗りになる。

そういうことです。

 

こういうのって、手鏡を覗き込みながら付けるのって、違うんだなってことがわかります。

ちょっと引いて大きな鏡で全体を映しながら、頬の部分から均等に塗っていく。

シミ等気になる部分だけちょんちょんと重ね塗りしていくか、もしくはコンシーラーなどで消しておくことが必要です。

「厚塗りになる」ということはちゃんとしたカバー力もあるということなので、しっかりつけてしまうと、粉感が満載です。

ムースのように作ることで粉っぽくないと謳っていますが、粉っぽさはある方だと思います。

この点では、粉っぽさを感じさせないカネボウの方が少し上かなと思います。

でも、粉感があってこそのカバー力だという感じでファンデを使っていらっしゃる方も多いと思うので、これは好みなのかも。

 

実際付けてみると、ふんわりしている感じはする。

けっこう薄づきなので、下地とこれだけでは、カバー力というほどのものはないかもね。

DSCN9109

すっぴんはこちら

シミ等はあまりキレイに隠れてはない感じがします。

ですが、全体的にトーンアップするし、引き目には、ツヤ感もそこそこあって、ナチュラルな感じでいいです。

色見本

md_iro

ご紹介している色はオークル10。

このドラマティックパウダリーの色が面白くって、「7色7質感」となっています。

色によって質感が違う。

色によって最適の仕上がり感にしているのだそう。

明るめはマットで、健康的な色になるほどツヤが出るようにしてあるそうです。

マットっぽい方が好きな方はやや明るめ、ツヤ感が欲しい方はやや濃いめ・・・なんていう選び方もアリかも。

マキアージュ ドラマティックパウダリーUV

 

ちょっと残念なのが、ケースのダサさです。

このダサさは、コフレドールグランを超えます(^-^;)

DSCN9044

この厚みはなんなんでしょうか?

このケースに1,000円出すのはかなり考えました(@-@;;

ですが、皆様にご紹介するためには、ほかのケースに入れてしまっては、商品の全体が伝わらないと思われ、泣く泣く買いました。

個人的なものであれば絶対に買わなかったですね。

エリクシールのケースか、無しか、ヤフオクなどでほかの資生堂のケースを探すか・・・

このファンデーションがたとえ100点だとしても、このケースに入れたとたん、50点くらいのマイナスになります。

正面から見た感じも、写真だと割とキレイに見えますが、実際は安っぽい感じが・・・

あ、気に入っている方、本当にごめんなさい。

口が悪くて・・・(ゝω・)

個人的な感想なので、許してください!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿