アラフォーに人気の高いファンデーションを実際に使ってみて使い心地や感想を紹介しています。(画像あり)

ディオールスキン スター フルイド

30ml 6,000円 SPF30・PA++ 全8色(020) 専用スポンジ別売り800円

色見本
dior_iro

ディオールスキン スター フルイドを買いに、久々にディオールのカウンターに行った・・・

やっぱりディオールすごいわー。

カウンターの中のゴージャスさと言ったらハンパない。

スポットライトのような照明が当たっているけど、強すぎない。

女優ミラーの前に座らされるんだけど、なんていうか妙な緊張感がない。

ただあるのは高揚感・・・

女の子がお母さんのドレッサーの前に居るような感じかな。

 

ディオールスキン スター フルイドは、@コスメでもすごい人気です。

このファンデーションを使って、ものすごく感じたのは、

ファンデーションはもはや色を塗るようなものではなくなってます。

ランコムもそうだけど、ものすごい素肌っぽい。

私も、ここで、かなり「素肌っぽい」という言葉を使っていますが、この人気のある外資系の2つに関しては、塗っているかわからないくらいの素肌っぽさです。

私が今まで使っていた素肌っぽさとは格が違う。

ほんとに、これって買う意味あるの?っていうくらい薄づきな気がするのは私だけでしょうか?

 

DSCN4594

手に取った感じは普通のファンデーション。

若干香りがありますが、これもランコムと似たような香り。

ディオールの方が落ち着いた香りで、ランコムの方が爽やかな感じがするくらいです。

なんで?なんでこの2つはとっても似てるの?

DSCN4509

スターフルイドには専用のスポンジがあります。

BAさんにちゃんとメイクしてもらったので、使い方をご紹介しますね。

このスポンジの底面に手やスパチュラに出したファンデーションを付けます。

このファンデーションは塗るのではなくて、ポンポンと置くようにして付けていきます。

顔の中心、目の下や頬の部分などにポンポンとなじませたら、残ったファンデーションを側面に付けて、フェイスラインなどになじませていきます。

BAさんがおっしゃるには、イマドキは、ファンデーションは「顔全体に塗る」ということはしないんだそうです。

顔全体に塗ると、なんとなくもったりと重くなるんだって。

このぽんぽんと置く使い方が、多少カバー力を上げる感じになります。

before

after

DSCN4280

仕上がりはこんな感じ。

これは、ディオールから帰ってきて写しました。

あまり、カバー力満載!ではないですよね。

こういう肌が旬なんですね。

 

スターフルイドを付けるまでに、スノー ホワイトニングローション+カプチュール トータル ドリームスキン+スノー ホワイトニングUVプロテクション50 パーリーホワイトを使っています。

このUV乳液にも肌色補整効果があります。

このファンデーションは、普通に付けてしまうと、何も付いていない方な肌になります。

あくまで置いていく塗り方が原則です。

付け慣れてくると、頬の小さなシミとかは消せるようになりました。

→ディオールスキン スター フルイド

 

さすがはディオール。

使っているときのゴージャス感。

それほど好きという感じでもないですが、お出かけのときなどはこれを使おうかなと思うようになってきました。

なんだか、スターフルイドには綺麗になるような魔法も含まれているようです。

でも、結局は、もっと好きなファンデーションがあるかな。

私的には、こちらのファンデの方が好き。

ディオールのようなテクは要らないし、ベールっぽい仕上がりも好き。

なのになんとなくカジュアルで、日常使いに最適。

何度もリピってるけど、スターフルイドは今回限りのような気がする。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿