アラフォーに人気の高いファンデーションを実際に使ってみて使い心地や感想を紹介しています。(画像あり)

ヴィセ CCウォータリーファンデーション

どんな場面でもパーフェクトな肌へ。
まるでもうひとつの素肌のような、CCファンデーション。

どんな人が使うと良いのか?
  • ベースメイクに時間をかけたくない方
  • 化粧崩れが気になる方
  • 毛穴や色ムラが気になる方
  • プチプラでも美容成分配合のファンデが欲しいという方
使い方
  1. 使う前にファンデをよく振ります。
  2. 化粧水で肌を整えてから、指先に適量をとり、顔全体にムラなくのばします。
  3. 小鼻・目・口の周りは薄くのばします。
  4. よカバー力を高めたい場合は、フェイスパウダーやファンデーションを重ねます。
商品詳細

 
30ml 全4色 OC-410 SPF30・PA++ 1,600円

色見本

 

資生堂やカネボウなんかと比べて、商品の情報が少なめなコーセー。

これについてわかっているのは、乳液、美容液、日焼け止め、化粧下地、ファンデーションの5つの効果があるということと、ヒアルロン酸、コラーゲン、スクワラン、モモ葉エキスなどの美容成分が含まれているということ、それから、UVカット効果があるということ(SPF30・PA++)です。

CC(complete correction)ファンデーションで、補正効果がある、下地じゃなくって、ファンデのくくりっていうことですね。

補正効果があるので、下地も要らず、日焼け止め効果もあり、美容成分も含まれているのでオールインワンですっていう、便利なファンデーションです。

「化粧水の後これ1本でOK」と謳われています。

使ってみた感想

辛口評価雑誌でかなり絶賛されていたため買ってみたファンデーションです。

なんとなく新しいものと思っていたのですが、発売は2015年です。

雑誌で見たときは、イメージで、二層式のファンデだと思っていたのですが、買ってきて見たら、全然違った。

しかも、自分の好きな感じのファンデだと思ったのですが、それも違った・・・

二層式ではないにしろ、さらっとしたテクスチャーのファンデーションは、さっぱりした使用感です。

若い頃は、どちらかというと脂性肌だったので、さらっとした使い心地のファンデが肌に合っていたんですね。

ですが、明らかに年齢とともに脂性ではなくなっているので、これもとくに肌に合っているというわけではなかったです。

これは、使い方が案外難しいファンデ。

手にとったときは、かなり水っぽい感じなのですが、油分が少なめなのか、伸ばすとき肌に引っかかる感じになります。

よく言われる、早く伸ばさないと乾いていく・・・ような感じがあります。

Viseeの紹介文の中に「陶器のような」というような表現をされているんですが、確かに塗った感は高いので、カバー力もあると言えるのかもしれないんですが、全体の伸ばすと、厚塗りっぽく見えてしまいます。

とくに気になったのは、おでこのシワで、少し時間が経って見たら、シワに入り込み、シワが強調されるというような事態に。

そんなことは決してあってはいけません。

シワが目立たないようにするべきであるはずなのに、これはナイなーって思ってしまいました。

翌日は、顔の中心は塗って、外側は塗らない、というようなテクニックを使ってみましたが、今度は頬にあるシミが気になるというような感じで、ちょうど良くならない。

ただ、そんなテクスチャーなので、フィット感があり、化粧崩れも少ないです。

美容成分の効果はあまり感じられません。

1本で済むので、旅行にいいんじゃない?って思ったんですが、大きさはいいとして、ビンがガラスなので重いし、割れたら困ります。

結局、活躍の場面が見つからず。

before

after

ただ、写真で見た感じはそんなに悪くない。

それから、最初はフェイスパウダーを使ったのですが、毛穴やシワに入り込む感じがあったので、翌日は使わずに済ませてみました。
パウダーなしでも、ベタつきなど、違和感はありませんでした。
そういう意味ではやっぱり旅行などに良い気がします。

あまり40代向けとは言えないと思います。

脂性肌という方は使ってみてもよいかもです!

ヴィセ CCウォータリーファンデーション

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿