アラフォーに人気の高いファンデーションを実際に使ってみて使い心地や感想を紹介しています。(画像あり)

カバーマーク モイスチュア ヴェール LX

そのカバー。崩れず、時間とともに明るさきわ立つ

40代くらいの肌にちょうどいいって思えるファンデーションが並ぶカバーマーク。

いろいろ使わなくっても、さっとカバーできて、案外ナチュラル。

値段もそれほど高すぎず、少量で済むのでコスパも良さそうです。

どんな人が使うと良いのか?
  • 肌が疲れて見える方
  • くすみやシミなど肌悩みが増えてきた方
  • テカリやくずれ、粉浮きが気になる方
  • パウダーファンデーションでカバー力があるものが欲しい方
使い方
  1. 1回分のスポンジの3分の1程度を軽くふわっと取る
  2. 右側の頬、内側から外側へ塗る
  3. ファンデを付け足し、左側の頬も同様に塗る
  4. ファンデを付け足し、額を眉間のあたりから上へ放射状に塗る
  5. 目の周り、小鼻、口の周りはスポンジの角を使ってなじませる
  6. シミや色むらは、ファンデを付け足し、トントンと重ねる
商品詳細

全9色 SPF32・PA+++ 4,000円 (ケース1,500円)

色見本

「モイスチュアコーティング製法」・・・パウダー一粒一粒をジェル状エモリエントオイルなどの保湿成分で丁寧にコーティング。伸びが良くしっとりと密着します。

「スキンメルティング処方」・・・色と質感2つの観点からファンデーションを肌になじみやすくする技術。色が肌に溶け込むパウダーと、つけ心地や粉体に潤いをコーティングするなど、自分の肌の一部になったような感覚に。

皮脂を明るさに変えるサンドイッチコンプレックスパウダーと、皮脂をキャッチしてクリーム状の潤い膜へと変えるモイストチェンジパウダーにより、化粧崩れを防ぎ、時間が経つほど明るくツヤのある肌に。

高麗人参・レイシ・トウキ・ヨクイニン・アロエ・ソウハクヒ・ブナなどの植物から抽出した保湿成分を配合しています。

あまり興味ないかもですが、外箱もシックで素敵


ケースは1,500円もするんです。
ですが、かなりゴージャスな感じになってます。


パウダーなのに、ものすごくしっとり。
エマルジョンじゃないけど、クリームファンデかなと思うくらい。

使ってみた感想

カバーマークのファンデーションって、自分では買わないっていうイメージのファンデーションだったんですが、使ってみて非常に性能がいいって感じがしています。

使い勝手がすごくいい。

お化粧って、丁寧にやってすごく綺麗に仕上げたいという夢がある一方で、簡単に一発でキレイに仕上がったらいいなっていう理想もあります。

カバーマークのファンデーションは、簡単に一発でキレイというのをかなりハッキリした形にしている点ですごい。

このファンデーションは、パウダータイプなんですが、一般的にパウダーファンデーションってカバー力が低いイメージがあるんだと思います。

とはいえ、持ち運びに便利だし、これだけで仕上げられる点が人気だったりするんですよね。

モイスチュア ヴェール LXは、カバー力もそこそこあって、それでいて自然。っていう感じの仕上がりになっていて、かなり満足感が高いんじゃないかと思います。

しかも、一番すごいって思ったのが、全然崩れない。

商品の特徴のところに、サンドイッチコンプレックスパウダーというのがあるのですが、

サンドイッチコンプレックスパウダーは、皮脂をキャッチしてゲル化することで、化粧崩れやくすみをブロックするパウダー。

さらに、皮脂をキャッチすると明るく発色するので、時間がたつほど肌が明るくなる。

あまり、夕方になったからといってくすみを感じないっていう方もいらっしゃるかもしれませんが、それはたぶんイマドキのファンデの技術によるものだと思います。

さらにー、まだ続きがあって、皮脂をキャッチしたら、クリーム状の潤い膜に変化させることで、肌から水分が逃げるのを抑えています。

皮脂って、なんとなく悪者扱いされていることが多いですが、その悪者皮脂を味方に付ける・・・なんていう考え方は、それほど珍しくはないですが、納得させる感じがなかなかです。

これを買いに行ったとき、タッチアップなどもなしで、他店舗に問い合わせして、前回買った色でいいですかーなんてやる気のない感じがちょっと、という感じでした。

前回買った時の色と同じと何故思った?前回と同じでいいというのは客の言うセリフだと思うんだけどどうなんだろ。

そこで、いろいろ付けて他の物を売るのが仕事なんじゃないのか?

まぁ、私は楽で良かったですけどね。

時期によって確認するほどの色数じゃないのかねと思ったら、そうでもなかった。

すごく細かく9色もありましたよ。

いちいち一人一人丁寧に面倒見るほど売れていなくないわっていう対応ですかね。

すっぴんはこちら

ですが、やっぱり一度合わせているので、違和感もなく。

パウダーファンデ派なら一度は使っていただきたいファンデです。

カバーマーク モイスチュアヴェール LX

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿