アラフォーに人気の高いファンデーションを実際に使ってみて使い心地や感想を紹介しています。(画像あり)

ペリペラ ペリスインクドロップBB

DSCN0490

30ml SPF30/PA++ 全2色 1,042円【No.2】

peri_iro01

@コスメの店舗に遊びに行った時に見つけたパケが可愛いBB。

ペリペラは韓国のコスメブランド。

「ペリ」というのはペルシアの妖精で、「ペラ」というのはペリが持ち歩いていた魔法のポーチなんだって。

そのポーチを持ち歩くことで魅惑的な女性に変身したと言われていて、この美の錬金術師「ペリ」の魔法を現代科学技術で再現したブランドらしいです。

可愛らしいイラストに惹かれて買ってみたんですが、ペリペラの商品はだいたいそんな感じのかわいい系なので、高校生とか大学生が使うような感じのブランドなのかな。

韓国人の方から教えていただいたんですが、エチュードハウスもだいたいそのくらいの女性が使うブランドなんだって。

エチュードハウスも、パッケージが可愛いから私は好みなんだけど。
 

この商品は、振ってから使う・・・となっているので最初は分離した状態になっているのでしょうか。

説明としては、

  • サラサラ軽く密着、朝から夜までそのまま持続。
  • いってきだけでも欠点のない綺麗な肌にカバーしてくれます。
  • 欠点カラーから問題性肌の鎮静効果まで有り、肌を保護します。
  • 主要成分は3重ヒアルロン酸、ハンガリーウォーター

この説明、よくわからないんだけど、欠点カラーから問題性肌の鎮静効果まで有りってどういう意味なんだろう?

欠点をカバーかな?鎮静効果っていうのはどこから来ているんだろう?

あと、3重ヒアルロン酸っていうのも調べたけどよくわからなかった。

ハンガリーウォーターは、ローズマリー水のことらしいです。アンチエイジングに効果があるとか。

そして、油分がとても少ないということはわかりました。

インクラスティングという言葉を使っていますが、これもよくわからないですねぇ。

サンローランのタン アンクル ド ポーが、万年筆のインクから発想したとなっていましたが、そんな感じなんでしょうかねぇ。

ラスティングというのは持続するという意味なので、インクのような持続力って感じですかね。

タン アンクル ド ポーは、肌に付けるとリキッドが揮発し、パウダーに変化するような作りなので、けっこう似たような感じなのかもしれません。

実際に使ってみた感想

手に落とすと流れてしまうような水っぽいテクスチャー。

DSCN0502

DSCN0522

手の甲に伸ばしていると瑞々しい感じ。

ですが、肌に乗せると少し引っ掛かりのあるような感じがあるので、水分が揮発しているような感じもあります。

手では綺麗に伸ばしきれなかったので、途中からスポンジを使いました。

これは、最初からブラシを使ったほうがきれいに乗せられそうです。

こういう、二層式でサラッとしたファンデーションって、自分ではかなり好きな感じなんですが、これもかなり良かったです。

たしかに表面はサラッとしていますが、肌はもちっと柔らかい。

色も少し白っぽい色なんですがこれもなかなか良い。

DSCN0533

すっぴんはこちら

うん、まぁ、見た目は普通かなw

でも、厚ぼったさはないのに、カバー力はそれなりにあるかもです。

実はNo.1の方が本当は欲しかったんですよね、なんか、ホントに白肌をつくるって意味で。

自分の肌の色とはあまり関係なく白っぽい餅みたいな肌ね。

まぁ、若い女の子ならお人形っぽくなるかもしれないけどさすがに40代はキツいかなぁなんて思ってNo.2にしてみましたが。

そんな感じで遊んじゃえる楽しさがあっていいですよね。

プチプラな韓国コスメの魅力だと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿