アラフォーに人気の高いファンデーションを実際に使ってみて使い心地や感想を紹介しています。(画像あり)

もう絶対隠す派?ナチュラルカバーを探してる派?

ファンデーションを探している人の口コミを読んでいると、とにかく「カバー力」と言っている人が多いです。

ファンデーションは、肌に塗って、その化粧効果により肌をきれいに見せるものなので、ある程度のカバー能力みたいなのがないと、意味がありません。

ただ、どんなカバー力なんだろう?と思うことは多々あります。

その人その人によって、求めているカバー力が違うような気がします。

同じファンデの口コミでも、「カバー力があっていい!」と言っている人と「薄づきすぎ、私には合いません」と言っている人がいて、よくわからない・・・と思ったことはないですか?

ここでは、がっつりカバーと、ナチュラルカバーについて比較してみましょう。

この2つのファンデを比較!

今回、独断と偏見で比較してみようかな~と思うのは、カバーマークのフローレスフィットと、マキアレイベルのクリアエステヴェール。

フローレスフィットは、あるものをなくしてしまうようなカバー力。

対して、クリアエステヴェールは、光の反射により肌を明るく補正するようなカバー力です。

この2つを手にポンポンと置いてみたところがこちら

DSCN9556

かなりの違いがあります。

フローレスフィットの方は、まるでコンシーラーのような粘りで、肌の色なども見えなくなっています。

クリアエステヴェールの方は、肌に溶け込むような質感です。

DSCN9561

伸ばしてみると、一層その違いがわかります。

量は同じくらいですが、フローレスフィットは、先ほどの置いたものが広がっている感じ。

クリアエステヴェールは、一層肌に溶け込んで、皮膚のようになっています。

さて、マッキーで黒い点を手に描いてみます。

DSCN9505

そして、両方のファンデを上に重ねづけしてみました。

DSCN9512

フローレスフィットの方は、例えるなら、汚れの上からペンキを塗って隠してしまうというようなカバー力です。

DSCN9515

少し引いてみると、クリアエステヴェールの方は、やはりうっすらと黒い点が見えています。

まぁ、これは実験で、真っ黒いホクロでもない限り、こんなに黒いものは肌の上にはないですし、そこをめがけて、ファンデを重ねるという人も少ないと思いますが、同じカバー力でも違いがあります。

クリアエステヴェールについては、こちら>>でも実験してますので参考まで。

どんなカバー力が必要なのか?

この2つを比較したのは、どちらもカバー力がありますよというファンデーションですが、タイプが違うということで比較してみました。

40代くらいの肌は、隠しすぎないくらいがちょうどいいと思います。

あまり隠しすぎてしまうと、どうしても老けて見られるからです。

クリアエステヴェールがおすすめな理由もそこにあって、自分の肌を引き立てるようなファンデを使うことで、肌の綺麗さだけではなくて、清涼感があって実際の年齢よりも若く見えます。

光反射によるカバーは、塗って明るくするのとは違ったふんわりとした女性らしい肌を作ってくれます。

フローレスフィットですが、今回は、手に適量を伸ばしているのですが、ほんの少しを顔全体に使うので、コスパが良いという点が好きという方もいらっしゃいます。

どうしても隠したい部分があるという方で、どうしてもこういったファンデーションが必要という方ももちろんいらっしゃると思います。

自分の肌に合わせたカバー力のあるファンデを見つけてください。

フローレスフィットの使用後写真はこちら

★カバーマーク フローレスフィット

クリアエステヴェールの使用後写真はこちら

★薬用クリアエステヴェール

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿