アラフォーに人気の高いファンデーションを実際に使ってみて使い心地や感想を紹介しています。(画像あり)

ジョルジオ アルマーニ マエストロ グロー ファンデーション

dscn8798

30ml SPF30 全6色  7,776円【#4】

ga_iro02

独自のオイルテクスチャーがするっとのび、“フュージョン テクノロジー”が薄いフィルムで肌の欠点をカバーしながら、つやのある輝く素肌感をもたらします

オイルベースの二層式のファンデ。

最初、水ファンデかと思ってなんとなく喜んでしまいました。
なぜか、水ファンデが好きなんですよねw

手に取ってみて、あーそうだった、マエストロはオイルベースなんだったわ、と思い出しました。

dscn8805

アルマーニのファンデの中では、ややうすづきでツヤがあるタイプ。

マエストロの方は、もっとうすづきで、ツヤはグローよりやや劣るというような位置づけみたいです。

ということは、っこちらのほうがカバー力があるということみたい。

なんでも、このオイルは、まるで香水のように、揮発性、半揮発性、不揮発性と異なるタイプの3種のオイルが時間差で表情を変えていくそう。

dscn8824

この時間差でオイルが揮発していくことで、オイル感を感じにくいんだって(イミフ)。

時間とともに皮脂が分泌され、それによって化粧崩れするのを防いでいるということでしょうかね。

ラストのオイルは自然由来の成分で肌を保湿してくれているらしい。

香水のように肌色を変えていくなんてエレガンスの極みのようなファンデですね。

そんで、面白いんだけど、このボトルは、真上から見ると円で下から見ると楕円なんだって。不思議ー。

dscn8831

マエストロと比べるとボトルはちょっとパールっぽい感じになっていて、ここでもグロー感を演出。

よく見たら、マエストロもなにげに二層になっていた。

色は同じ#4ですが、結構色が違う。

dscn8853

それぞれのファンデの質感を生かすような色にしてあるのかなって思いますが、マエストロの方がいかにもって感じがして好きかな。アルマーニ的な肌になるっていう感覚かな。それはただの想像なんですけどね。

その時々のトレンドのカラーに合うような肌色に調節されているようです。

感想としては、確かにカバー力はある程度ある感じです。
でもツヤがあるっていう感じで、まぁ、そのままですね。

色は同じ#4でも、少し明るい感じがしました。マエストロの方がより自分の肌にはフィットしていたかも。

map

つけ心地は相変わらず軽くて、皮膚のようにフィットしているけど、乾燥などは全く感じなくて冬でも使えます。

色合いと素肌っぽさが、マエストロよりも日常にフィットしている感じがします。

普段はグローを使っていて、パーティとか夜遊びに行くときはマエストロをというような使い分けかな。
オフィス向けならマエストロの方がいいような気がする。

DSCN8890

けっこう綺麗かも。

すっぴんはこちら

カバー力もありながら、艶も出すって難しい感じがするけど、叶ってる。

マエストロよりもふんわりとした可愛い印象もあるような気がします。

ジョルジオ アルマーニ マエストロ グロー ファンデーション

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿