アラフォーに人気の高いファンデーションを実際に使ってみて使い心地や感想を紹介しています。(画像あり)

ラ ロッシュ ポゼ UVイデア XL ティント

 世界で25,000人以上の皮膚科医が採用している敏感肌のためのスキンケア

ラ ロッシュ ポゼの製品は、フランスの湧水、ラ ロッシュ ポゼ ターマルウォーターを配合しています。

このラ ロッシュ ポゼ ターマルウォーターは、この地方の地層から1700年かけてにじみ出た水で、ミネラルやセレンが含まれているんです。

ラ ロッシュ ポゼ ターマルウォーターはボトリングされて化粧水として売られていて、敏感肌用スキンケアとして使われてます。

そんなラ ロッシュ ポゼ ターマルウォーターが配合されている化粧下地、UVイデア XL ティント。

ピンクベージュの色付きの下地で、肌のシミやくすみなどをカバーしてくれます。
なめらかなテクスチャーで、とても使いやすい下地です。

UVカット効果は、SPF50・PA++++で、かなり高め。

SPFの方は、いわゆる日焼けを起こすUVBをどのくらい防げるかということで、PAの方は、一年中、一日中お肌に降りそそぐ肌のダメージに関係の深い紫外線を防ぐ力があるかということです。

ロングUVAはお肌の深部に影響を与え、深刻なダメージを受けるということがわかってきて、最近はPAの方も高いものが求められています。

とはいえ、UV効果の高い日焼け止めは肌への負担が高いとも言われています。

 

さて、このラ ロッシュ ポゼ UVイデア XL ティント、「敏感肌用」となっているのですが、紫外線吸収剤を使用しています。

UVイデア XL ティントがUVAのカット効果が高いというのも、この吸収剤を使っているからということが言えます。

紫外線吸収剤は、お肌に刺激があるものとして嫌われていますが、紫外線吸収剤は、紫外線散乱剤に比べ、紫外線カット効果も高く、天然のものが使われてることが多く、使用感も良いものなのだそう。

シリコンやコスメの防腐剤のように、昔は肌に刺激があるとされていたから今でも敵視されているようなものと似ているのかも。

ただ、実際は本当に合わない人もいるので、気になっちゃう方は使わない方がいいですよね。

気になっているだけで、人は簡単に肌などに現れてきてしまうので。

 

ここ最近、吸収剤が多く使われているのには少し理由があり、カプセル等にこれを閉じ込め、肌に直接触れないようにするなどの処理がなされるようになったからということもあるようです。

実際私も、もう長いこと日焼け止めが肌に合わなくて、ずっと紫外線対策をしていなかったのですが、最近の日焼け止めはどんなものを使ってもたいていは大丈夫になってきました。

以前は、使うと肌が赤くなりヒリヒリしたり、赤いプツプツができたりしていました。

この、ラ ロッシュ ポゼ UVイデア XL ティントも、刺激がなく使えます。

ただ、UVイデア XL ティントの場合、カプセル化してあるということはないみたいで、ただ、高級な吸収剤が使われているので大丈夫的なアバウトな説明になっております。

紫外線吸収剤は使うことで少し肌が乾燥することもあるそうなので、乾燥肌の方は少し注意が必要。

石けんで落とすことができるので、ミネラルファンデーションなどの下地には最適です。

dscn7426

テクスチャーはほんとになめらか。

白浮きしない感じも、吸収剤ならではなのかも(こだわってる・・・)

これと似たもので、ラロッシュポゼにはBBクリームもあります。

BBクリームの方は、もう少しだけ色がしっかり付いて、カバー力と言えるくらいの色付きなので、すっぴん風メイクならこちらの方を選ぶとよいです。

UVイデア XL ティントの方はあくまで下地というカテゴリになると思います。

トーンアップといっても、そこまではっきりわかる補正効果ではないです。

ラ ロッシュ ポゼ UVイデア XL ティント

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿