リキッドファンデーションの色選び

 

リキッドファンデーションの色選び

リキッドファンデーションを選ぶときの色選びはどうしていますか?

カウンターに行って買うときは、美容部員さんに色を見てもらい、実際に試してもらって選ぶことができます。

ですが、やっぱりドラッグストアや海外などでプチプラなファンデを買うときなどは、自分で色を判断しなければならないですよね。

だいたいこのくらいの色だからと、同じようなトーンで選んでみても、そのメーカーやファンデによっても色味が違ったりするので、家に帰ってから「失敗だった・・・」と思うことも。

先日、化粧品のカウンターに行ったら、美容部員さんに、顔よりも首の方が白いと言われてしまいました。

首は基本的には顔よりも白いものなので、自然といえば自然ですが、余りにも色が違いすぎても不自然になります。

また、首が白いのに、不必要に顔を暗い色に仕上げる必要もないですよね。

お店では、顔に付けるよりも手の甲に付ける方が簡単なので、手の甲においてみて選んでしまうこともありますが、顔と手の甲では色が違うので、これも失敗してしまう可能性大です。

 

自分でファンデーションの色を合わせる方法

 

一番自然な色味を選べるのが、フェイスラインになります。

よく、美容部員さんが色を見るときは、アゴ(エラ)の部分に塗っていますよね。

この部分は、日焼け等の影響が少ない部分なので、本来の肌色がわかりやすいということ、それと、首との境目で色を見ることで、不自然にならないような色を選べるからです。

 

また、肌の色は、イエローベースかブルーベースかという選び方もありますよね。

肌が黄味がかっているか、または赤みがかっているかの違いになります。

黄味がかっている方は、ベージュ系の色を選ぶとぴったりで、赤みがある方は、ピンクオークル系を選ぶとぴったりです。

 

基本に忠実にやっても、自分の肌にはなんだか合わない場合は?

顔を見るときは、肌の色だけではなくて、その人の全体の雰囲気を見ます。

肌の色は標準でも、髪の毛の色が濃い人、明るく染めている人、瞳の色が薄い人、茶色い人、瞳の色や髪の色などによって、全く雰囲気は変わります。

 

 

こういった、肌の色以外の色によっても、似合う色が違ってくるので、付けてみてしっくりくるものが良いですよね。

自分は若干ブルベ寄りの標準の肌色ですが、最近、ベージュ系を付けると肌がきれいに見えると最近気づきました。

加齢により、黄ぐすみしているせいもあるのかもしれませんが、顔の色が補正されてきれいに見えるのかなとも思います。

これは、髪の色などにも影響されているのかもしれません。

つけてみないとわからない部分も多いです。

通販で購入する場合も、色のサンプル等が付いてくるものを選ぶようにすると、自分にぴったり合った色を選ぶことができますよね。

 

全色サンプルが付いてくるファンデーション