ファンデーションが浮いてしまうときの対処法

ファンデが浮いているという状態は、ファンデーションが肌に密着していない状態です。

かさついて肌の表面にデコボコがあったり、脂の分泌が多すぎるなど、ファンデが肌から浮いてしまいます。

肌に余分な角質が溜まっているような状態でも、パウダーファンデなどが溜まって、密着していないので、汚く見えてしまうこともあります。

肌の乾燥や脂分が過剰な場合は、スキンケアがお肌に合っていないということがあります。

皮脂の分泌が過剰ということは、実はお肌の奥が乾燥しているのが原因で、肌を潤そうとしてたくさんの皮脂を分泌していることもあります。

まずは肌の奥に水分を届けることが大事です。

コットンなどに化粧水を取り、お肌になじませていくとき、コットンが毛羽立ってくるようだと、水分が肌にしみ込んでコットンが乾いてきている状態です。

何度か化粧水をしみ込ませて肌になじませていくと、コットンが毛羽立たなくなります。そうなるまでしっかりと化粧水を入れ込んでみましょう。

肌に余分な角質がある場合は、肌に負担のかからないようにして、角質を柔らかくして取り除くようなスキンケアを取り入れてみましょう。

お肌の表面が滑らかになれば、水分の吸収もよくなって、肌がもっちりとしてきます。

そういう状態だと、ファンデーションを塗ってもお肌にピタッと密着して、浮いたり崩れたりせず、お化粧も長持ちします。