ファンデーションをスポンジで付ける

ファンデーションをスポンジで付けるとキレイに仕上がるということを聞いたことがあるでしょうか。

でも、使ったことが無いので、どんなふうに使えば良いのか分からない・・・という方に、使い方をご紹介します。

まず、ファンデーションをスポンジで付けるといえば、なんとなく思い浮かぶのが、パウダーファンデーションの付属のスポンジです。

パウダーファンデーションのケースの中にスポンジが入っていますが、あれはあくまで携帯用のもの。

朝お化粧するときに使うなら、市販のスポンジやパフを使うと良いでしょう。

パウダータイプのファンデーションをスポンジで付けるとき、押し込めるように塗りつけている方がいますが、本当はなでるように付けるのが正解。

力を入れずに、表面を滑るように付けていくと、キメ細かくふんわりした肌を作ることができます。

押し込むと、どうしても、能面のような厚塗りっぽい仕上がりになってしまいます。

リキッドやクリームファンデーションをスポンジで付けるときは、一度手に出してから顔に置き、肌全体に広げてからスポンジでポンポンとなじませていきます。

余分なファンデを取り除くことと、叩き込むことでより肌に密着し、化粧崩れを防ぐことができます。

あまり強く叩きすぎないように注意しましょう。

注意が必要なことは、スポンジはこまめに洗うことです。

本当は1回使ったら洗う、くらいの気持ちのほうが清潔です。

毎日スポンジを洗うのが面倒という方は、使いやすくカットされたスポンジがいくつか入って袋売りされているものがあるので、そういうのを利用して、まとめて洗うという手もあります。

百均などで購入して、使い捨てにしている人もいるようです。